環境問題

【カーボンニュートラル】いつ実現するのか【脱炭素社会】

 

 

最近よくカーボンニュートラルという言葉をニュースで耳にします。

菅総理が2020年10月の臨時国会で「2050年カーボンニュートラル宣言」をおこなって以来、メディアなどで頻繁に取り上げられるようになりました。

CO2排出を減らすことだろうなとはなんとなく理解している人は多いと思いますが、 きちんと説明できる人はあまり多くはないと思います。

そこで、カーボンニュートラルについて解説していきたいと思います。

カーボンニュートラルとは

 

一言でいうと、「温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」ということです。

2020年に当時の菅総理が所信表明演説で、カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すと表明しています。

「我が国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします」

 

しかし、現実的に問題温室効果ガスの排出をゼロにする事はほぼ不可能です。

そのため、排出せざるを得なかったぶんについては同じ量を「吸収」または「除去」することで、差し引きゼロ、つまり正味ゼロを目指しましょう、ということです。

これが、「カーボンニュートラル」の「ニュートラル(中立)」が意味するところです。

また、ここに記載されてある、温室効果ガスというのは、CO2だけに限りません。

  • 二酸化炭素
  • 一酸化二窒素
  • メタン
  • フロンガス

このように多くのガスが対象となっています。

上記の二酸化炭素やメタンガスなどは大気中にわずかに存在し、この気体は赤外線を吸収し再び放出する性質があります。

このため、太陽からの光で温められた熱(赤外線)は、地球の表面から地球の外に向かって放出されます。

赤外線の多くは熱として大気に蓄積され、再び地球の表面に戻ってきます。

戻ってきた赤外線が地球の表面付近の大気を温めることを温室効果といいます。

この温室効果がなければ、地球の表面温度は-19℃となってしまうと考えられていますが、増えすぎると必要以上に気温が上がり、さまざまな異常気象が起きやすくなるとも考えられています。

現在はその温室効果ガスが必要以上に増えすぎているため、平均気温の増加等につながっています。

温室効果をもたらす気体は、主に水蒸気、二酸化炭素、メタン、フロン類で、なかでも二酸化炭素は大気中の約0.04%とわずかですが、もっとも温暖化への影響度が大きいガスです。

 

 

なぜカーボンニュートラルを目指すのか

2020年の世界の平均気温は長期的には100年あたり0.72℃の割合で上昇しています。

このままの状況が続けば、今世紀末には地球の平均気温が最大で約4.8℃上昇すると予測されています。そうなったら地球はどうなるのでしょうか?

地球温暖化による気候問題

  1. 海水の熱膨張や南極やグリーンランドの氷河が融けて、今世紀末には海面が最大82センチ上昇します。
  2. 現在絶滅の危機にさらされている生物は、ますます追い詰められ、さらに絶滅に近づきます。
  3. マラリアなど熱帯性の感染症の発生範囲が広がります。
  4. 降雨パターンが大きく変わり、内陸部では乾燥化が進み、熱帯地域では台風、ハリケーン、サイクロンといった熱帯性の低気圧が猛威を振るい、洪水や高潮などの被害が多くなります。
  5. 気候の変化に加えて、病害虫の増加で穀物生産が大幅に減少し、世界的に深刻な食糧難を招く恐れがあります。

パリ協定で国際的に温暖化対策を実施

地球規模の課題である気候変動問題の解決に向けて、2015年にパリ協定が採択され、世界共通の長期目標として、

世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて

2℃より十分低く保つとともに、1.5℃に抑える努力を追求すること(2℃目標)

今世紀後半に温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と吸収源による除去量との間の均衡を達成すること

等を合意しました。
この実現に向けて、世界が取組を進めており、120以上の国と地域が「2050年カーボンニュートラル」という目標を掲げているところです。

どうやってカーボンニュートラルを達成するのか?

どうやってカーボンニュートラルを達成するのか

 

今までもCO2削減するといったことは明言していましたが、具体的な期限、目標が掲げられていなかったため、その活動も本格的ではありませんでした。

2020年以降では、国と企業、国民それぞれがカーボンニュートラルに向けて努力する必要な時代が出てきました。

企業の脱炭素化への取り組みについて

カーボンニュートラルや脱炭素化に向けた動きが産業界でも活発化しています。

電力各社では再生可能エネルギーの導入拡大を進めています。

自動車メーカー各社では電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の開発・販売への注力が盛んにおこなわれており、カーボンニュートラルへの取り組みの姿勢が積極的です。

ここでは、カーボンニュートラルへの取り組みの代表的な事例をご紹介したいと思います。

カーボンニュートラルLNG

LNG(液体天然ガス)は、燃料の採掘や燃焼時に多くのCO2を排出することがわかっています。

「カーボンニュートラルLNG」は、植林や環境保全プロジェクトへの貢献を通すことで、CO2の排出量を相殺することを目的とした活動です。

現在、日本の大手企業15社が、「カーボンニュートラルLNG」を宣言し、その普及を呼びかけています。

バイオディーゼル燃料

バイオディーゼル燃料とは植物油から作られるディーゼルエンジン用の油で、エコ燃料のことです。

トラック・重機・トラクター・発電機・ボイラーなどで軽油のかわりに燃料として使用することができます。

燃費や走行性能も軽油とほぼ同等で、最近では地球温暖化防止やエネルギーの地産地消といった面で注目されており、日本でも開発・普及が進められています。

家庭から出た天ぷら油からも同じ量のバイオディーゼル燃料(BDF)を製造できるため、

バイオディーゼル燃料(BDF)を燃焼させると二酸化炭素が発生しますが、発生した二酸化炭素は植物が吸収し環境全体では二酸化炭素は増えません。

 

この考え方はカーボン(炭素)ニュートラル(中立)と呼ばれ地球温暖化防止に有効とされています。

実際に軽油の代わりにバイオディーゼル燃料を使用すると、1リットルあたり約2.6kgの二酸化炭素を削減したことと同じと言われています。

いずれは枯渇する化石燃料に対しバイオディーゼル燃料(BDF)は再生可能エネルギーと呼ばれています。

個人ができるカーボンニュートラル

カーボンニュートラルを実現させるには、国、企業だけでなく、個人も意識を変えていかなければ達成は難しいと私は考えています。

そこで、個人でできるカーボンニュートラルをいくつか紹介したいと思います。

エコバックの活用

2020年7月1日にレジ袋が有料化されてからエコバックを持つ人がだいぶ増え、最近では当たり前になりつつあります。

レジ袋はプラスチックで作られていますが、原料は石油です。大量にレジ袋を生産すると、天然資源の消費につながります。

さらに、レジ袋を焼却処分する場合は、温室効果ガスの主成分である二酸化炭素が発生します。エコバッグを活用することは、脱炭素社会を目指すために、今日から起こせる行動の一つといえるでしょう。

ネットではオシャレでデザインのエコバックなども売られています。大きさも種類が豊富に取り揃えられているので、まだ持っていないという人は購入してみてください。

公共交通機関の利用

一般家庭におけるマイカーの二酸化炭素排出量は、平均で23.3%とされています。 数値としては、家電製品に次いで2番目です。

マイカーは鉄道と比べると約9倍、バスでは約2.7倍の排出量。

このことから移動する際にマイカーを使うよりも、鉄道やバスなどの公共交通機関を利用することで、二酸化炭素排出量の削減ができます。

マイカーを使わなければならない地域や場面もありますが、買い物や通勤・通院の際には、できるだけ公共交通機関を利用しましょう。