FX

【押し目買い】エントリー手法チャート付き解説【徹底解説】

押し目買いとはFXのエントリー手法の一つです。

初心者がまず覚えるべきエントリー手法といっても過言ではありません。

この記事を読めば、押し目買い・戻り売りのエントリーポイントがわかります。

また、実際にエントリーする際の注意点も解説しておりますので参考にしてください。

押し目買いとは

相場が上昇トレンドにある時に、一時的に下落したタイミングで買い注文を入れること

「押し目買い」といいます。

相場はたとえ上昇トレンドであっても、上昇と下降を繰り返し徐々に上昇していきます。

市場には買いたい人と売りたい人が混在するので、上がったり下がったりします。

トレーダーは買い注文を入れる場合は、いかに安く買い注文を入れるかを考えるため、上昇トレンドでいったん下がったところで買おうという心理が働いています。

その心理を利用したものが押し目買いになります。

押し目買いの判断基準

押し目買いは「上昇トレンドの時に相場が下落したタイミングでエントリーする手法」と説明しました。

ではどのタイミングでエントリーすべきでしょうか。

上昇トレンドの中で、どのくらい相場が下がったらエントリーすべきでしょうか。

4時間足でも認識できる上昇トレンドが押し目買いの条件

まず、まず押し目買いする上で条件として『4時間でも認識出来る上昇トレンド』だという事です。

4時間足のチャートだとゴールデンクロスが発生し、上昇トレンドに移行していることがわかります。

ここから、上昇トレンドが発生したと判断し押し目買いを狙っていきます。

上のチャートでは、結果的に上昇トレンドになっているということがわかっていますが、

実際には上昇するか下降するかはわからない状態でエントリーしなければなりません。

まずは水平線やトレンドラインを引いてみよう

エントリーの判断するには、まず水平線やトレンドラインを引いてみたほうが良いです。

水平線を引くと相場がどこのあたりで反発するかがある程度わかります。

下のチャートだと〇の部分で相場が何回も反発している事がわかると思います。

このことから、次も、このラインで反発するのではないか?と予測できます。

実際にこのラインで反発し、上昇していることがわかります。

ここが、押し目買いのエントリーポイントになります。

押し目待ちに押し目なし

相場には「押し目待ちに押し目なし」という格言があります。

上昇トレンドであっても、下降局面がなく、上昇が止まらない場合があります。

市場には買い手と売り手が存在し、そのバランスによって相場が決まりますが、売り手がおらず、買い手しか存在しない場合、このような現象が起きます。

下のチャートのような状態がまさにその状態です。

上昇トレンドにもかかわらず、下降する気配を感じさせずに上昇しています。

エントリー時に自信がなかったりする場合、私の経験上いったん見送ったほうが良い結果になる傾向が多いです。

似てるようで違うナンピン

押し目買いは上昇トレンドで相場は下がったところで買い注文を入れることです。

狙い通りに買いエントリー後に相場が上昇してくれればよいのですが、逆の相場が急落してしまうこともザラにあります。

そうなった場合、さらに買い増しを行う手法がナンピンです。

しかし、私はナンピンをお勧めしません。

ナンピンした後、上昇すると思っていた相場がさらに下落。そうなってしまったら、損失が膨らむばかりだからです。

膨大な資金力がある人なら問題ありませんが、本業をしながら副業でFXをやろうと考えてる人にはお勧めできません。

エントリー時の注意点

損切りは必ずいれる

基本中の基本ですが、損切りは必ず入れましょう。

自分の資産から許容できる範囲を確認して、

狙いと逆の方向に相場が動いてしまった場合は、なぜそうなってしまったかをきちんと考察し、次のエントリーに生かしましょう!

 

押し目買いを狙いすぎない

結論から言うと、押し目買いを狙いすぎないということです。

押し目買いは初心者でも利益を取りやすい手法で有名です。

しかし、やみくもにやればよいというわけではありません。

押し目買いというのは、トレンドが発生している場合に有効な手段です。

しかし、相場の中でトレンドが発生している状態というのはわずか20~30%にしかすぎません。

残りの70~80%はレンジ相場になります。

レンジ相場の時に押し目買いを狙っても失敗してしまうということです。

トレンドが発生した!と思って押し目買いを狙ったとしても、実はレンジ相場であることはよくあります。

押し目買いは利益を出すチャンスではありますが、そのチャンスは非常に少ないというとを意識する必要があります。

まとめ

  1. まずは4時間足でトレンドがあるかを確認しよう
  2. 水平線やトレンドラインを引いて相場の反発ラインを確認しよう
  3. 押し目買いのポイントは頻繁にあるわけではないということを理解しよう
  4. 損切りは必ず入れよう

以上、押し目買いのエントリーポイント、注意点について解説しました。

戻り売りに関しても同様に使えると思いますので参考にしていただければと思います。