副業

【投資の基本】投資とは何?投資しないと損するだけ?【徹底解説】

まず投資とは?

投資とは、将来それ以上の利益になって返ってくるのを期待して、お金を投じる行為のことです。

なのでまず前提として知っておいて欲しいのが、いきなりドカンとお金が増えたりすることはないということです。

結果が出るのはあくまで、数年~数十年後だと思ってください。

投資はギャンブルではない

投資というと、損をすることもあるのではと心配する人もいるでしょう。

確かに資金が一時的に目減りすることはあります。

しかし、長期的に見てみれば、きちんとプラスになることがわかっています。

よく投資とギャンブルを混同される人もいますが、明らかに両者は異なります。

最大のリスクとは?

投資において最大のリスクは「なにもしないことです」

なにもしなければ貴重な時間を浪費するだけになります。

投資と貯蓄の違いについて

 

貯蓄と投資についてお話します。

現在の日本は超低金利であり、銀行にお金を預けていても全く増えることはありません。

お金が増えていたのは、何十年も前の話です。

通常よりも金利が高い定期預金もありますが、たいして変わりません。

さらに、政府は今後、年2%のインフレを進めるという方針を明確に打ち出していました。

仮に、年2%でインフレが進んだとして計算すると、35年間で、お金の価値は半分になる計算になります。

子供のために、銀行に1000万円ためていたとしていても、子供に引き継ぐころには、500万円の価値になってしまうということです。

早い話、政府は貯蓄していないで、投資しなさいと言っています。

そこで、最近で政府が国民に投資を促している例が「つみたてNISA」「確定拠出年金」などの制度です。

これらは、一定期間の間、投資によって得た利益分の税金を支払わなくていいですよという制度です。

日本の税率は20.315%ですから、こんなおいしい話はないですよね?

始めるなら今しかありません。

投資を行う上で大切なこと

投資の目的を決める

投資の目的は大きく分けて2種類あると思っています。

  • 勉強のため
  • 将来に備えるため

この2種類です。

 

投資を始めるには早ければ早いほどよい

若い頃から投資を始めるには非常にメリットがあります。

若いころは時間がわりとあるので、勉強に時間を割くことができます。

また、少額からコツコツとつみたてていくことで、資産を増やすことが可能です。

 

投資でやってはいけないこと

投資を始める際に絶対にしてはいけないことは、「生活資金を投資に回す」です。

特に投資は、長期的な目線で考える必要があります。

例えば、コツコツと毎月一定額を積み立てを行う「つみたてNISA」を行っているなかで、今回のようなコロナショックが発生した場合、含み損はどんどん膨らんでいきます。

投資を始める際には、最悪投資に回した資金が減ってしまうことも想定しなければいけません。

 

 

さいごに

投資を始める際には、上記で記載したように、最悪投資に回した資金が減ってしまうことも想定しなければいけません。

もし少しでもやってみようという気があったら、こちらの投資信託入門講座 から体験してみてください。